• トップ /
  • 術後のインプラント周囲炎

インプラント術後に発症する症状

術後のインプラント周囲炎

インプラント周囲炎に要注意

インプラントで埋め込まれた歯根は虫歯になることはありません。しかしその周りの歯周組織は天然の組織です。口腔内の衛生状態が悪いと人工物と組織が接している場所から歯周菌などが入り込み、繁殖し感染を起こすことがあります。これが周囲炎と呼ばれる病気です。この病気は通常の歯周病と同じく、歯茎や顎の骨を破壊します。悪化して顎の骨を溶かしてしまうと、人工歯根が根元から脱落してしもう可能性もあります。少しでも異変を感じたら歯科を受診する必要があります。インプラントの術後すぐには歯の状態に違和感を感じます。症状は痛み、腫れ、出血などです。しかし術後1~2週間過ぎると症状はなくなります。一定期間が過ぎても違和感を感じる、違和感が再発したなどの時はすぐに歯科を受診が必要です。歯科で患部のレントゲン検査や血液検査などの検査を通して原因を究明し、適切な処置を行います。インプラントの手術は歯茎に穴を開ける外科的なものです。術後は口の中の衛生状態を常に良くしておかないと周囲炎などの感染を起こす確率が高くなります。正しいブラッシングで歯磨きを行い、定期的に歯科で検診を受け、毎日のケアでは行き届かない箇所を専門的にケアしてもらうことが周囲炎を防ぎます。

インプラントの必須情報

↑PAGE TOP