• トップ /
  • インプラントと自分の歯

インプラントの素材

インプラントの術後の噛み合わせ

固いものも噛めるインプラント

インプラントでの治療は歯を抜いたときに、そのなくなってしまった部分を補うためにほぼ100%の純チタンで作られた人工歯根を顎骨に埋め込んで、抜いてしまった歯の根っこの代わりを作成します。その上から差し歯と同じ要領で歯を作ります。インプラントは自分の歯をもう一度作るのと同じようなことなので、噛み心地も自分の歯で行った場合と変わりがありません。しっかりとした固いものも咀嚼することができる治療となります。

インプラント治療方法について

インプラント治療とは人工歯根を顎の骨に直接固定し、その上から人工の歯を被せる治療方法です。顎の骨に直接固定する事により、噛む力を損なわれずに噛むことが出来るので、天然の歯のような噛み心地にすることが出来ます。また人工の歯をセラミックで作ることにより天然の歯と変わらないような出来に作ることが出来るので、見た目を気にする方にもオススメの出来る治療法です。インプラントは天然の歯と同じく毎日のブラッシングや定期的な歯科医のメンテナンスをすることにより長持ちさせる事が出来ます。

インプラントの必須情報

↑PAGE TOP