• トップ /
  • インプラント術後の歯磨き

インプラント治療後の歯磨き方法

インプラント術後の歯磨き

インプラントの傷口に注意が必要

インプラントは歯茎に穴を開けて人工の歯根を埋め込みこんでいます。よって術後の歯磨きは傷口を痛めないようにすることが大切です。特に術後の2週間は大事です。歯ブラシは毛先が細く柔らかいものを使用して行います。通常。手術を実施した歯科より支給されるケースが多く、できるだけ力を加えず優しく磨きます。歯ブラシの持ち方もグーで握るのではなく、鉛筆を持ちように指先だけで持って行います。こうすることで歯に力を加えることなく優しく歯磨きが行えます。歯茎を傷つけないように、普段より優しく軽く汚れを拭き取るイメージで磨くことが大切です。インプラントの術後から2週間を過ぎて抜歯が終われば、いつもの歯磨きを行っても構いません。通常使用している歯ブラシで行っても構いませんが、きちんとした正しいブラッシング法で行う必要があります。歯茎から歯の方向へのブラッシング、歯に毛先を垂直に当て上下に細かく動かしてのブラッシングなどを力を加えず行います。このようにインプラントの術後の歯磨きは通常のやり方とは違います。手術の箇所を痛めないように、ゴシゴシと磨くのではなく、正しいブラッシング方法で、優しく力を加えず行う必要があります。

インプラントの必須情報

↑PAGE TOP