• トップ /
  • インプラント後には定期検診を

定期検診が必要なインプラント

インプラント後には定期検診を

インプラントに必須な定期検診

インプラント治療を受けた後には、治療を受けた歯科医院で定期健診を受けることが必要となります。半年に1回程度の定期検診を受けて、術後の状態を確認したうえで必要なメンテナンスを受けることにより、長く快適な使用感を維持することができます。自分の天然の歯と異なり、インプラントはあくまでも人工物ですので、顎の骨に固着していても何らかの衝撃でズレてしまったり雑菌が繁殖したりする可能性もあります。そのような状況を定期健診によって見つけることで、進行を防ぎ元の良い状態に戻すことができるのです。定期健診で調べる部分は、インプラントを埋め込んだ部分やその周辺の歯茎、および歯周炎の有無となります。痛みや違和感を検知する神経は人工歯のために通っていませんので、万が一不具合が生じていても自覚することができない場合もありますので、専門の知識を有している歯科医の目でしっかりとチェックすることが肝心です。術後はこの定期健診を受けるということが保証の条件となることも多いので、忘れることのないように気をつけましょう。歯科医院によっては、定期健診の時期をはがきやメールなどでお知らせしてくれるサービスを実施している場合もあります。快適な術後のためにも必ず受けましょう。

インプラントの必須情報

↑PAGE TOP